noteとブログ、どう書き分けるべきか

f:id:banana1147:20200630210016p:plain

  最近注目されている、ブログ的なサービス「note」。HTMLやCSSを理解していなくても簡単に投稿でき、お手軽に始めることができるこのサービスは、瞬く間に利用者数が増えました。

 九条林檎さんやでびでび・でびるさんなど、Vtuberの間でも使っている人は多いです。

 かく言う私も、先月noteを開設したのですが、実をいうと投稿し始めたのは、つい最近のこと。

note.com

 開設した当初はバーチャルというジャンルに絞って、ブログと同じようなことを書こうと思っていたのですが、なんか違うなぁ…、という感じでした。

 なんか違うというのは、noteに書こうとしても、これはnoteに書くのはもったいないなぁと感じることがあったこと。このテーマを扱うなら、ブログで書きたいと思ってしまいました。

 そしてそのまま1か月ほど放置。最近になってようやくnoteとブログの書き分け方がわかり、更新を再開。そして今に至ります。

 もったいないというのは、このテーマ、noteに書くよりブログで書いたほうが読まれそうじゃない??? という記事があることです。

好きな事を書きたいけど数字は気にする

f:id:banana1147:20200630215417p:plain
 ブログでアクセス数を稼ぐためには、"キーワード"が重要になってきます。検索キーワードに沿ったものを書こうとすると、どうしてもテーマが絞られてしまい、好きな事を書きづらいです。

 また文字数も気にします。これは諸説ありますが、検索に引っかかるためには文字数が重要だと言われており、その目安は1000字~2000字以上と考えられています。そのため、つぶやき程度の記事を書いても、ほとんど読まれないままインターネットの海に沈んでいく…。

 私だってなるべく好きなことを書きたいですが、あまりにも読まれないと、正直萎えます

 じゃあブログに掲載するべき記事というのは何なのか。それは”数字を稼げそうな記事"です。

 ブログはnoteと違い、良質な記事を資産として蓄積することができます。つまりアクセス数が稼げる記事を増やすことで、検索エンジンからの評価が高まり、ブログ自体が多くの人に見てもらいやすくなります。

 逆に言えば、アクセス数が伸びない記事というのは、ブログにとって必要ないのです。

SEOに縛られない

 そのため私は、アクセス数が伸びなそうな記事は掲載しないようにしていました。いくら内容がよくとも、検索には引っかかりにくく、読んでもらえないからです。

 しかしこの考えも、noteというものを知ってから180度変わりました

 noteは、検索エンジンからくる人に向けて書かなくても、noteというプラットフォーム内で人気が出るものであれば、多くの人に読んでもらえます

 つまりSEO戦略を考えて書く必要はなく、個人のつぶやき程度のものでも、note内ではバズることがあるのです。

 もちろん文字数が多いに越したことはないですが、検索ではどうあがいてもたどり着かないような記事も、noteでは読まれたりします。

 検索されやすいキーワードを意識することなく、好きなことを好きなだけ書いても、ある程度読んでくれる人はいるし、運が良ければバズったりもする。ここがブログとnoteの一番の違いでしょう。

 このように私は、書いてみたいけどブログではアクセス数を稼げなさそうなものをnoteに投稿し、タイトル的にも検索されそうなものをブログに投稿するようにしています

 ブログだと気軽に投稿できませんが、noteだと自分の思うままに書けるので、毎日投稿も苦ではありません。

  このようにブロガーにもオススメできるサービス『note』。是非一度試してみてはいかがでしょうか。