VRやるなら『Oculus Quest』を買ってほしい!

f:id:banana1147:20200501162457j:plain

  『Oculus Quest』を購入してからはや半年。今ではVRにどっぷりハマってしまいました。

 少し前まではVR=エロというイメージを持つ人が多かったですが、PSVRやスマホVRの普及によりそのイメージも変化してきてます。今では多数のVR対応ゲームがリリースされ、気軽に楽しむことができる環境が整ってきました。


  その一方で「VRしょぼくね?」という意見もちらほら聞くようになる今日この頃。それは違うと声を大にして言いたいところですが、あながち否定できない理由がそこにはあります。

ぶっちゃけスマホVRでは厳しい

 ここ数年でVRへのハードルは急速に下がりつつあります。スマホVRなら一度は使ったことがある人も多いでしょう。とは言っても、スマホVRではVRを快適に楽しむことは厳しいです。安価なので仕方がないとは思いますが、画質が悪くモーションキャプチャーなどのセンサーもないため、はっきり言ってクオリティが低いです。これならばVR微妙と言われても文句は言えません。

 しかし実際問題、ちゃんとしたVR環境をそろえるには相当額の出費が必要。ゲーミングPCに加えヘッドセットも購入する必要があるので下手すると20万ほどかかり、さすがに手が出せない…

 そんなあなたにオススメしたいのが『Oculus Quest』です。

f:id:banana1147:20200426182713j:plainOculus Quest: All-in-One VR Headset | Oculus

 これはスタンドアロン型のVRヘッドセットで、PCや他の機器に接続することがなく単独でプレイすることができます。つまりゲーミングPCを購入する必要がなく、これひとつで遊ぶことができます。

 またPCVRと違い複雑な設定が必要ないため、機械に疎い人もVRを楽しむことができます。

他のVRと何が違う?

 色々ありますが一番違うのは価格ですね。PCVRには及ばないもののそこそこ快適にプレイできるスペックを持ちながら、価格は約5万円と手を出しやすい値段であることが特徴です。

 またスタンドアロン型であるためコードに接続する必要がなく、『Beat Saber』のような動きが激しいゲームでも制約なくプレイできます。 

 PCも外部センサーも必要ないので、出張先に持っていってプレイしたり、旅行で他の人にVRを体験させることもできますね。

f:id:banana1147:20200427130619p:plain

Unlimited Power by Jaroslav Beck (ft. Frank Bentley) | Gameplay | Beat Saber-Youtubeより

  最近アップデートがきてOculus Linkという、『Oculus Quest』をパソコンにつないでPC用VRデバイスとして使える機能が追加されました。PCに接続するケーブルさえあれば、PCVRと同じようにプレイすることができます。そのためこれからゲーミングPC購入する方にもオススメできます。

使ってみて気になった点

  •  重い 

 30分ほどなら気にならないのですが、長時間付けているとほっぺのあたりに圧がかかりしんどいです。同じOculusから出ている『Oculus Rift S』と比べると、『Oculus Quest』が約580gに対し『Oculus Rift S』が500gと差が結構あります。

 これはゴーグル後部におもりをつけることで軽減できますが、見た目がちょっと微妙なので家族と住んでいる人は要注意です。

  • コンテンツが少ない

 OculusQuestではsteamを利用できないため、Oculus Storeという専用の公式ストアを利用することになります。

 Oculus Storeですが、はっきり言ってソフトが少ないです。

 ただこれに関してはおそらく今後増えますし、Oculus Linkを使えばsteamも使えるのでそこまで気にする必要はないかなとは思います。

  • PCVRをするなら追加でお金がかかる

 先ほど『Oculus Quest』でもPCVRはできると言いましたが、それは半分間違っています。正確には、PCVRはできるが、ケーブルを別途購入する必要があります。

 たかがケーブルじゃんと思うかもしれませんが、お値段なんとびっくり1万円(公式)。非公式のケーブルかVirtual Desktop(無線でPCとつなげるソフト)を使うのであれば2000円くらいでできますが、動作が安定しない可能性があります。

 どちらにせよPCVRをするなら追加でお金がかかるので、スタンドアロン型に魅力を感じない人は『Oculus Rift S』を買うのをオススメします。

 一度試してみるのもあり

 いくらOculus QuestがVRの中では安いとは言っても、簡単には決められない値段です。人によってはVR酔いをしてしまうので、せっかく買っても使えない場合があります。

 そこでVRレンタルサービスを利用して一度試してみるというのもありだと思います。

 こちらのアストネスというサイトでは、5000円~10000円の値段でOculus Questをレンタルすることができます。

astoness.com

 値段が値段なので悩むとは思いますが、一度レンタルしてみて自分に合いそうだったら購入するというのがいいでしょう。

VRは日々発展している

 VR技術は日々進化しています。Oculus Questも発売当初と比べて、ハンドトラッキングやOculus Linkなど様々な新機能が追加されました。また今後も機能が追加される可能性もある、伸びしろがある子です。

 コンテンツも始めは50本程度でしたが、今では130本以上と順調に増加していきました。2020年も多くのソフトがリリース予定です。

 このように将来性もあるので、VRをやるならぜひOculus Questを購入してほしいです!