Vtuber

超簡単!『3tene』を使ってVtuberになろう

Vtuberの動画を見て暇をつぶしている今日この頃。Vtuberの動画を見てると、自分もVtuberになりたいと思うときありませんか?

とは言っても、大半の方は「Vtuberにはなりたいけど大変そう」、「そんなお金ないよ」と諦めてしまいます。実際問題、VR機器をそろえて、つよつよPCを買うと6桁単位の出費になっていしまいキツすぎる…。

ということで今回は、できるだけ安く簡単にできるをコンセプトに動画を制作していきたいと思います。

必要なもの

  • 3Dモデル
  • PC
  • Webカメラ
  • 3tene
3Dモデル

Vtuberの命とも呼べる3Dモデル。フルスクラッチの3Dモデルだと軽く10万は越すので、配布されているものを使いましょう。Boothというマーケットサイトで販売されているので、そこで購入するのがオススメです。(Vtuber活動が許可されていないものもあるので利用規約を確認してから購入しましょう)

今回使うのはこちらのアバター。

f:id:banana1147:20200520231707p:plain
ニコニコ立体ちゃん特設サイトより

アリシアソリッドちゃんです。かわいい。

このアバターは利用規約が非常に緩く、無料で使うことができるため、Vtuber活動にはうってつけです。個性を出したいという方にも、Unityで簡単に改変できるのでオススメです。下記のサイトからダウンロードできます。

3d.nicovideo.jp

PCとwebカメラとマイク

そこそこのスペックがあれば大丈夫です。最近のノートパソコンはマイクもwebカメラもついているので大丈夫ですが、デスクトップを使っている方はwebカメラを買う必要があります。値段はピンキリですが、最低限の性能のものであればマイクとwebカメラ合わせて5000円もしないくらいです。

3tene

Vtuber向けのソフト。必要な機材がそろっていれば、だれでもVtuberになることができます。

無料版と有料版がありますが、商用利用する際は有料版を購入する必要があります。しかし今回はあくまでもお試しなので無料版も使っていきましょう。

ダウンロードはこちらから

f:id:banana1147:20200520234234p:plain

ダウンロードが終わり、3teneを起動するとこのような画面が表示されます。今の状態だとアバターが読み込まれていないため、先ほどダウンロードしたアリシア・ソリッドを読み込みましょう。

左側のメニューに人型のマークがあるので、そこをクリックするとファイルを選択する画面になります。そこで注意してほしいのは、読み込めるモデルはVRM形式のもののみです。

アリシア・ソリッドは初めからVRM形式なので大丈夫ですが、Boothからダウンロードしたものだと、VRM形式になっていない場合があるので変換してから読み込みましょう。

f:id:banana1147:20200520235308p:plain

無事読み込めたらこのようにアバターが表示されます。

ここまで来たら準備完了です。あとは右のメニューからリップシンクと顔認証をオンにし、左のメニューから録画をオンにするだけです。

ちなみにこれでとった動画がこちら。

ほらね、簡単でしょう?

あとは背景とかを変更して、適当に動画編集すれば、もうあなたは立派なVtuberです。

今回紹介したのは最低限の機能で、別途機器を購入すれば手を動かしたりすることもできます。またOBSなどの他のソフトを使えば、ゲーム画面を背景にして実況することも可能です。

このように簡単にVtuberになれるソフト『3tene』、ぜひ使ってみてください!